\即日キャッシングおすすめ1位/

トップページ > 沖縄県

「急な出費でお金がない」
「今すぐお金が必要」
「今日中に借りれる?」
「クレカの引き落としの残高がない!!」

当サイトでは沖縄県で今日今すぐ借りたい人に、契約機やATMにいかなくてもお金が借りられる即日振込キャッシングで人気の消費者金融をご案内してますよ!即日融資・即日審査に対応している安心・安全の大手消費者金融で、即日振込キャッシングができるところは?

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日振込キャッシング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「知り合いにバレたくない」「家族にバレたくない」とお悩みの方へ。WEB完結のネット審査は誰にも見られずに申し込みができますし即日振込キャッシングもできて簡単♪郵送物無しにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

沖縄県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

お借入のコラム

キャッシング利用者の中には、返済を続けても債務が増えるばかりなので、いっそのこと踏み倒そうかと考える人も珍しくありません。

ですが、まず不可能です。

キャッシング業者からの踏み倒しを考えた場合、最後の手続きから5年経てば時効になります。

とはいえ、毎日催促の電話や郵送の手紙が送られてきますし、仕事も辞めなければならなくなるでしょう。

5年という期間は一定のものでなく、業者が裁判や差し押さえの手段に出れば、時効までの期間がストップしてしまうでしょう。

逃げるという選択肢は捨て、返済可能な方法を探って下さい。

銀行の乗り換えローンの説明などでは、今借り入れている消費者金融から借り換えを行ったら、今よりも返済額が減額して毎月の返済が軽くなるとよく言われますよね。

結局、消費者金融は使い道に関係なく気軽にお金を借り入れできることから、金利の設定が高くなっているのでしょうか?みなさんはある程度の金額の出費が必要になった場合、どうやってそれをすぐに工面しますか?もし、銀行で借りようとするならば、それはあまり良い考えとは言えないでしょう。

なぜなら銀行では長期間、審査の結果を待つ必要があります。

申し込みから現金の受け渡しまで数週間かかったというケースも多くあります。

今すぐお金が必要という場合、銀行が提供している目的型ローンでは不十分です。

では、キャッシングはどうでしょうか。

キャッシングの場合は実際に申し込んでから、現金を手にするまでの時間が早く、その日のうちに融資を受けることもできるでしょう。

ストレスがたまって買い物に歯止めが利かなくなり、気がつけばクレジットカードでとんでもない額を使ってしまっていました。

支払日になっても、とても用意できる金額ではなかったので、カードのキャッシング機能を使いお金を用意したので、ショッピングとキャッシングの返済が支払い能力の限界をはるかに超えてしまったのです。

まとまったお金といえばもう退職金しか考えられず、退職を決意したものの、心配した両親が手を差し伸べてくれ、退職せずに済みました。

元本だけでも相当な額になっていましたが、利息を加えると500万円を超えてしまい、本当に驚きましたが、貯えていたお金をほとんど使わせてしまうことになりました。

身内という甘えに流されて、返済が滞ることの無いよう、借用書を書いてお金を借りた事実を明文化することで、毎月可能な金額と、ボーナス時のまとまった金額の返済を積み重ねていくことで、普段の生活を送りながらでも完済できると思います。

キャッシングでお金を借りるには、勤務先及び勤続年数の申告が必要です。

債務者となる人物の返済能力の有無を確かめるのが目的です。

次に、職場に勤務の事実確認のための電話等が入ります。

職場への電話等には抵抗感を持つ人もいると思われますが、昨今は消費者金融であることを伏せる配慮があるようです。

 

おすすめ1位のプロミス