\即日キャッシングおすすめ1位/

トップページ

「急な出費でお金がない」
「今すぐお金が必要」
「今日中に借りれる?」

WEB完結の申し込みを使えば、即日振込可能!お急ぎで今すぐお金を借りたいけど、審査が不安という方にすぐに借りれる即日振込キャッシングをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日振込キャッシング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「知り合いにバレたくない」「家族にバレたくない」とお悩みの方へ。WEB完結のネット審査は誰にも見られずに申し込みができますし即日振込キャッシングもできて簡単♪郵送物無しにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

お借入のコラム

キャッシングを多くの回数滞納したら所有する動産や不動産などが没収されるというのは本当に起こりうることなのでしょうか。

自分はすでに何回も滞納状態なので、没収されるのではとすごく危惧しているのです。

意識しておかないとなりませんね。

キャッシングをリボ払いで返済するのはとても便利ですが、リスクのある返済方法でもあります。

そのリスクは、毎月返済する金額に利子が増えてしまうことです。

キャッシングの返済を一括で済ませるなら一ヶ月分の利子がかかるだけで済みますが、リボ払いは毎月利子が増えていきます。

とはいえ、リボ払いは、月々の支払い額が少ないので、負担のかからない払い方です。

誰でも1枚持っているクレジットカードには「ショッピング枠」、「キャッシング枠」、「利用限度額」という3つの枠が機能としてついているようです。

使用可能な金額の上限範囲内には「ショッピング枠」と「キャッシング枠」があるみたいですが、私は普段、商品の購入の時にしか使用しません。

ですから、どのような手順でキャッシングは行えば良いのでしょうか?解らないので急な出費の時のために知識として身につけておきたいです。

SMBCモビットでキャッシングを行いたい場合、インターネットから24時間申請できる仕組みになっており、申し込み後10秒ほどで審査結果も確認できます。

SMBCモビットを知らない方でも三井住友銀行のグループであるといえば安心できる点も、今注目されている理由の一つなのでしょう。

全国に10万台ものATMが管理されているので、忙しい方でもコンビニから気軽に借入れできるのも魅力です。

家にいながらインターネットを使ったウェブ上での申込みも出来るので、郵便てを送るという面倒な手間がかからないのもポイントですね。

キャッシングを利用していると、まだ借入限度額に達していないのに、ATMでお金を下ろそうとするとなぜか借入不可能になっているケースがあると耳にします。

どうやら、キャッシング業者がそのカードの利用停止措置を取った場合にこのような状態になるようです。

主な理由としては、そのほかのキャッシングサービスやローンと多重契約した時に、こうした措置を取られてしまい、融資を止められる可能性が高いです。

利用停止措置を取られると、完済するまで、カードを使ってATMからお金を引き出すことはできなくなります。

おすすめ1位のプロミス