\即日キャッシングおすすめ1位/

トップページ > 北海道

「急な出費でお金がない」
「今すぐお金が必要」
「今日中に借りれる?」
「クレカの引き落としの残高がない!!」

当サイトでは北海道で今日今すぐ借りたい人に、契約機やATMにいかなくてもお金が借りられる即日振込キャッシングで人気の消費者金融をご案内してますよ!即日融資・即日審査に対応している安心・安全の大手消費者金融で、即日振込キャッシングができるところは?

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日振込キャッシング

<24時間365日申込OK! PC・スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

「知り合いにバレたくない」「家族にバレたくない」とお悩みの方へ。WEB完結のネット審査は誰にも見られずに申し込みができますし即日振込キャッシングもできて簡単♪郵送物無しにしたいならプロミスの他にモビットも評判です。

北海道の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

お借入のコラム

親や親族に借金する場合の心象がよくなる言い訳として、1人暮らし中に突然会社から解雇されて生計がたてられなくなったり、生活していくうえで学費が捻出できなくなったりなどの仕方なく許さねばならない理由を話す事です。

娯楽費などの生活に不必要な言い訳を言う事は、避ける方が借りやすくなります。

一般的に、カードローンの返済というのは毎月一度、または、それ以上の長い期間ごとに、徐々に返済します。

たとえ一度でも返済が滞ると、それがたった一回でも信用情報として記録が残ってしまいます。

借入を申し込んだ場合、信用情報を確認してから契約となるため、返済できないことがあったと発覚したら、他のローンを利用しようとしても審査に通れないでしょう。

運転免許証さえあれば、金融機関が提供するキャッシングサービスに申し込むことができます。

しかし、希望借入金額が高額の方、あるいは自営業者やフリーランスで働いているなど、給与所得者でないケースでは、本人確認書類と共に、収入証明書の準備が必要になります。

具体的には、会社員の方などは勤務先から源泉徴収票をもらっておくと、間違いありません。

源泉徴収票を用意できないというケースでは、課税証明書や、提出印が捺印された確定申告書の控えが使えます。

申請時に慌てることがないよう、前もって用意をしておくことをおススメします。

銀行や消費者金融などの金融機関から借入金を融資してもらうことをキャッシングといいます。

あるいは、クレジットカードに付帯したキャッシング枠を使って、クレジット会社から現金を貸し付てもらうこともキャッシングと呼ばれます。

ですから、一口にキャッシングといっても、そのサービスを提供する業種はさまざまです。

なお、銀行以外の業者はノンバンクと総称され、銀行とは区別されます。

なぜかというと、銀行で契約を結んだ場合と、それ以外のサービスは、定められた法律が異なるのです。

どういうことかと言うと、銀行法によって規定されているのが銀行で、それ以外の業者の場合、貸金業法が規定されています。

現在、利用しているキャッシング以外のサービスに申込をすると、以前の借入状況や返済履歴が要因で審査で落とされる可能性があります。

合わせて二社くらいの契約までは審査をパスできるかもしれませんが、それ以上増えていくと、審査を通過しにくくなります。

おそらく、総量規制(借入金額の合計が年収の3分の1までとされること)に引っ掛かったことが要因ですが、それ以外にも、多数のサービスと契約している人は、返済能力を超える可能性が高いと判断され、審査にパスできなくなるようです。

おすすめ1位のプロミス